婦人科受診に至った経緯 ③

2014.12月中旬 

またお腹痛くなり、この頃は排卵日あたりということもあり、「また排卵痛や・・・」なんて思ってた。

この頃になると、胃腸薬はまったく効かなくて、ロキソニンがよく効いた。

 

2015.1.6

仕事だったけど、どうにもこうにもお腹が痛くて、仕事を休む。

お腹の張りも半端ない。

もう、右っていうか全体が痛い。

この時、生理4日目。

 

近所の婦人科が9時に開くのを待って、受診する。

診察の結果、右の卵巣が8センチに腫れてて、おそらく卵管がねじれかけたり、戻ったりしてる状態なんだろう。とのこと。(ねじれきってたら、もっと痛がるはずだからということで。)

ねじれきったら、失神するほどの痛みになるよ。と。

「すぐに大きい病院(ここから1時間ほどかかる場所)に紹介状書くし、行ってください。

誰か送ってもらえるか?」と聞かれた。

(たぶん誰もいなければ、救急車だったんだと思う。)

仕事中の主人に電話して送ってもらうことに。

 

自ら、「ガンとかの心配はないんですか?」と聞く。

「実は・・・(腫瘍の灰色に写ってる部分を差し)ガンはこういう写り方をするんやわ。ただ、髪の毛とか入ってるタイプの嚢腫もこういう写り方するから、そっちやったらいいんやけどねぇ・・」

と、言われ、目の前が真っ白に・・。

お会計の頃にはさっきの痛みが嘘みたいに治まってた。

そして、入院になってもいいように、軽く入院の用意をして大きい病院に向かった。